>審美歯科

審美歯科

審美には2種類あることをご存知でしたか?
当院の目指す審美とは
コスメティック(Cosmetic Dentistry)ではなく
エステティック(Esthetic Dentistry)です。
大切なのは、自然的な調和です。

トップページ > 診療内容 > 審美歯科

審美歯科とは

わざとらしく並べられた歯や極端に白い歯など、よく一部の芸能人に明らかに不自然な歯が見られることはないですか?たまにトイレの便器のような白い歯を入れてくれ、っていう方がいらっしゃいます。でも、それは自然じゃありません。

いかに自然と調和するか、いかに本物の歯に見せるかを考え、誰も作られた歯だとは分からないくらいの結果を目指すことが大切だと私は考えます。

 

分かりやすく言うと、

コスメティックとは、キレイだけど人工的

エステティックとは、自然と調和している

よって、当院の目指す審美とは、エステティックです!

みなさんは、どちらを希望されますか?

 

当院の審美歯科の特徴

審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくするエステティックな治療です。そして、患者さんの口元のコンプレックスを取り除き、人生を楽しんでいただく治療とも言えます。それを実現するために当院では、以下のことを実施しております。

 

精密治療

天然歯に近づける作業は非常に繊細を極めますのでやはり「肉眼」での治療では限界があります。当院では、拡大鏡(ルーペ)や歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて、3倍から10倍まで拡大し、治療を行います。

肉眼では見えない領域に如何にこだわるかで、「歯の美しさ」「耐用年数(どれだけ長持ちするか)」を左右します。

 

プロビジョナルレストレーション

患者さんにとって一番残念なことは「せっかく治療したのにイメージと違う」ということです。そうならないために、当院では、「プロビジョナルストレーション」という工程を必ず踏むことにしています。

プロビジョナルストレーションとは、「仮歯」を活用し、患者さんと共に歯の色合いや形態を吟味し、調整していく工程となります。この工程で、患者さんの理想を探り、納得いただける色合い・形になった段階で、仮歯ではない本番環境の素材(ジルコニアやセラミックなど)に置き換えることで、理想の状態の歯が完成します。

これまで審美歯科治療を受けられた方で「納得のいく色・形にならなかった」という方は、この工程を省略されたか、不十分な状態で終了してしまった可能性があります。

当院では、患者さんが歯の色・形態に納得いくまで、とことんお付き合いさせて頂きます!

貴方の理想をお伝えください。抽象的なものでも問題ありません

それをカタチにしていくことが我々の存在意義ですので。

 

機能的な審美

当院では、審美の中にも、機能性を求めます!では、機能的な審美治療ってなんでしょうか?

それは、「簡単に歯の神経を抜かない」「歯周のコントロールをする」「咬み合わせを考慮する」治療です。

 

「神経を抜く」と、歯の神経は歯に栄養を与える役割がありますので、歯に栄養がいかなくなり、歯がもろく欠けやすくなってしまいます。それだけではなく、細菌への抵抗力も下がり、むし歯が進行しやすくなり、抜歯への道を辿ることになってしまいます。

つまり、神経を抜くことで、歯の寿命が縮まってしまうのです。それだけ歯の神経は大事な存在だといえます。

「歯周のコントロールがされていない」と、治療前に歯周病の改善をすることが審美歯科治療を成功させるためには重要となります。歯周病になると歯茎が腫れてしまうので、その状態で型取りをしても、お口に合わないかぶせものが出来上がってしまいます。お口に合わないということは、かぶせものと天然歯の間に隙間が生じてしまっているので、そこからむし歯菌が侵入し、かぶせものを外してみると、その中は虫歯だらけ・・・このような悲劇を防ぐためにも、歯周病治療は必須です!

 

「咬み合わせを考慮していない」と、「頭痛」「眩暈」「腰痛」「肩こり」が起こることが稀にあります。これは治療により「咬み合わせ」がおかしくなったことに起因する場合があります。治療により体の健康が侵されてしまっては、何のための治療だったのかと首をかしげたくなります。

 

  • 参考までに「歯周病治療」と同様、「適切な咬み合わせを診断する」という工程を省いてしまう医院、もしくは完全に無視する医院が存在しますので、しっかりと歯周のコントロールをし、かみ合わせを含めた治療を行っている医院に受診されることを強くお勧めします。

 

当院で行える審美治療

当院で用いる被せものは、

セラミック 陶器材料のもの。
ジルコニア 白い金属と呼ばれるもの。別名、人工ダイヤ。
メタルボンド 金属のフレームにセラミックスを焼き付けたもの。
ジルコニアボンド ジルコニアのフレームにセラミックスを焼き付けたもの。

また、

ダイレクトボンディング ハイブリットレジンにて一回で修復を行います。
ラミネートベニア 見える部分のみ最小限に削り、付け爪の様に張り付けます。
ホワイトニング ホームとオフィスがございます。

他にも審美について悩みのある方は、ご相談下さい。

 

審美歯科とは

わざとらしく並べられた歯や極端に白い歯など、よく一部の芸能人に明らかに不自然な歯が見られることはないですか?たまにトイレの便器のような白い歯を入れてくれ、っていう方がいらっしゃいます。でも、それは自然じゃありません。

いかに自然と調和するか、いかに本物の歯に見せるかを考え、誰も作られた歯だとは分からないくらいの結果を目指すことが大切だと私は考えます。

 

分かりやすく言うと、

コスメティックとは、キレイだけど人工的

エステティックとは、自然と調和している

よって、当院の目指す審美とは、エステティックです!

みなさんは、どちらを希望されますか?

 

当院の審美歯科の特徴

審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくするエステティックな治療です。そして、患者さんの口元のコンプレックスを取り除き、人生を楽しんでいただく治療とも言えます。それを実現するために当院では、以下のことを実施しております。

 

精密治療

天然歯に近づける作業は非常に繊細を極めますのでやはり「肉眼」での治療では限界があります。当院では、拡大鏡(ルーペ)や歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて、3倍から10倍まで拡大し、治療を行います。

肉眼では見えない領域に如何にこだわるかで、「歯の美しさ」「耐用年数(どれだけ長持ちするか)」を左右します。

 

プロビジョナルレストレーション

患者さんにとって一番残念なことは「せっかく治療したのにイメージと違う」ということです。そうならないために、当院では、「プロビジョナルストレーション」という工程を必ず踏むことにしています。

プロビジョナルストレーションとは、「仮歯」を活用し、患者さんと共に歯の色合いや形態を吟味し、調整していく工程となります。この工程で、患者さんの理想を探り、納得いただける色合い・形になった段階で、仮歯ではない本番環境の素材(ジルコニアやセラミックなど)に置き換えることで、理想の状態の歯が完成します。

これまで審美歯科治療を受けられた方で「納得のいく色・形にならなかった」という方は、この工程を省略されたか、不十分な状態で終了してしまった可能性があります。

当院では、患者さんが歯の色・形態に納得いくまで、とことんお付き合いさせて頂きます!

貴方の理想をお伝えください。抽象的なものでも問題ありません

それをカタチにしていくことが我々の存在意義ですので。

 

機能的な審美

当院では、審美の中にも、機能性を求めます!では、機能的な審美治療ってなんでしょうか?

それは、「簡単に歯の神経を抜かない」「歯周のコントロールをする」「咬み合わせを考慮する」治療です。

 

「神経を抜く」と、歯の神経は歯に栄養を与える役割がありますので、歯に栄養がいかなくなり、歯がもろく欠けやすくなってしまいます。それだけではなく、細菌への抵抗力も下がり、むし歯が進行しやすくなり、抜歯への道を辿ることになってしまいます。

つまり、神経を抜くことで、歯の寿命が縮まってしまうのです。それだけ歯の神経は大事な存在だといえます。

「歯周のコントロールがされていない」と、治療前に歯周病の改善をすることが審美歯科治療を成功させるためには重要となります。歯周病になると歯茎が腫れてしまうので、その状態で型取りをしても、お口に合わないかぶせものが出来上がってしまいます。お口に合わないということは、かぶせものと天然歯の間に隙間が生じてしまっているので、そこからむし歯菌が侵入し、かぶせものを外してみると、その中は虫歯だらけ・・・このような悲劇を防ぐためにも、歯周病治療は必須です!

 

「咬み合わせを考慮していない」と、「頭痛」「眩暈」「腰痛」「肩こり」が起こることが稀にあります。これは治療により「咬み合わせ」がおかしくなったことに起因する場合があります。治療により体の健康が侵されてしまっては、何のための治療だったのかと首をかしげたくなります。

 

  • 参考までに「歯周病治療」と同様、「適切な咬み合わせを診断する」という工程を省いてしまう医院、もしくは完全に無視する医院が存在しますので、しっかりと歯周のコントロールをし、かみ合わせを含めた治療を行っている医院に受診されることを強くお勧めします。

 

当院で行える審美治療

当院で用いる被せものは、

セラミック 陶器材料のもの。
ジルコニア 白い金属と呼ばれるもの。別名、人工ダイヤ。
メタルボンド 金属のフレームにセラミックスを焼き付けたもの。
ジルコニアボンド ジルコニアのフレームにセラミックスを焼き付けたもの。

また、

ダイレクトボンディング ハイブリットレジンにて一回で修復を行います。
ラミネートベニア 見える部分のみ最小限に削り、付け爪の様に張り付けます。
ホワイトニング ホームとオフィスがございます。

他にも審美について悩みのある方は、ご相談下さい。

 

Copyright © PiEACE DENTAL CLINIC. ALL Rights Reserved.

アクセス案内

アクセスマップ

海側幹線道路(金沢外環状道路)沿いです

金沢駅方面からお越しの場合

50メートル道路から「東京インテリア」を越えた直後の環状鞍月交差点を右折し、
海側幹線道路を近岡方面に進みます。
3つめの信号(大友町北交差点)を越えた所にあります。

粟崎・内灘方面からお越しの場合

「スーパーオートバックス」の直江町中交差点を右折し、海側幹線道路を東京インテリア方面に進みます。
3つめの信号(大友町北交差点)を
右折した所にあります。

☆近くには、幹線道路をはさみ「アルビス大友店」や
「コメリホームセンター金沢大友店」があります。

トップページに戻る
パソコンから予約
スマートフォンから予約

ページトップへ